2019.7.15

文学から読み解く川越①「三芳野の雁−伊勢物語の川越−」 報告

川越市提案型協働事業として、學のまちkawagoeでは今年「文学から読み解く川越」シリーズとして、年4回の会を企画します。

 

「文学から読み解く川越」シリーズについて

本シリーズは、朗読を解説を通して地域文学に親しんでいただく企画です。

川越が舞台の文学。それらをまず専門家の朗読により耳で楽しみ、さらに関連する時代ごとに専門家の解説を通して、さらに深く地域に触れていきます。

 

このシリーズをきっかけとして、身近なテーマや文学から「学ぶ」こと、そしてそれをさらに深く掘り下げていく楽しさを伝えていけるような企画を目指しています。

 


第一回 6月29日(土)

シリーズ第一回「三芳野の雁-伊勢物語の川越-」は、6月29日(土)に蓮馨寺にて行われました。

 

みよしののたのむの雁もひたぶるに

君がかたにぞよると鳴くなる

 

古の詩人のこころを動かした武蔵野の台地。伊勢物語の時代、川越はどのような様子だったのでしょう。

この度修復がなされた三芳野神社にも深くかかわる伊勢物語の歌を中心に、朗読と解説をとおして川越の郷土文学に深く触れた時間となりました。

写真提供 川越氷川神社


《朗読》

朝久麻美氏

TBSラジオキャスターとして活躍。現在はイベントの司会ヤレポーターとして活動。TBSラジオ皇太子さま・雅子さまご成婚パレード中継、吉田照美の「土曜ワイド」出演他。

 


《解説》

上野英二氏(成城大学教授)

京都大学文学部卒業。同大学院博士課程中退、博士(文学)。源氏物語や伊勢物語など平安朝の文学を中心に、日本の言語・文学・文化について研究。著書『源氏物語序説』(平凡社)、共編著『佐竹昭広集』(岩波書店)他。

 


当日は約35名ほどの皆さまにご来場いただきました。

 

京都からやってきた在原業平が、武蔵の国の女性と恋を語った場所と言われる三芳野の地域。「鷹狩り」を通して垣間見る当時の日本の様子と、伝えられている稀代のプレイボーイ業平の姿、そして雅な歌に込められたさまざまな想い・・・。

 

ひとつの歌から読み解かれる古の川越の姿を楽しんでいただきました。

 

次回は9月の予定です。

テーマは「舟運」。

ぜひご来場ください。

 


2019.2.10

川越市提案型協働事業 報告

大変遅くなりましたが、2018年夏に行われた學のまちkawagoe主催イベント「まちをめぐって活版印刷体験!−本をつくること、文字にふれること−」の実施内容を報告します。

・スタンプラリー 2018年8月1日〜17日

 川越市内6カ所のスタンプラリーおよびノベルティ交換

 

・イベント 2018年8月17日 

 ウエスタ川越にて、小泉弘氏、今田欣一氏、ほしおさなえ氏

 の講演および、活版印刷機ワークショップ、写植機ほか展示

 

 スタンプラリーでは約250人、講演各回はほぼ満席、ワークショップなどを含むウエスタ川越では約400人の皆様にご来場いただきました。

 

 

講演は今田欣一氏、小泉弘氏、ほしおさなえ氏

 

中野活版印刷店によるワークショップの様子

 

文字堂伊藤氏による写植機実演と、関連書籍などの展示

 

2019年度も、引き続き學のまちkawagoeの活動を行ってまいります。

どうぞよろしくお願い致します。


2018.7.20

まちをめぐって活版印刷体験!

−本をつくること、文字にふれること−

活版印刷のベルティをプレゼント!

小説でめぐる川越スタンプラリー

 

作家・ほしおさなえ先生の本にでてくる川越のスポットを巡ってみましょう。5つ以上集めると、すてきな活版印刷のノベルティと交換できます!

 

【期間】

 2018年8月1日(水)〜8月17日(金)

 

【参加費】

 無料

 

【スタンプの設置場所】

川越氷川神社(境内)9:00-17:00

旭舎文庫(建物内)金〜日のみ 10:00-17:00

     ※月〜木は氷川神社にてスタンプを押すことができます

菓子屋横丁("浜ちゃん"店頭)  月曜休 11:00-16:00  

川越スカラ座(入り口付近) 火曜休 11:00-16:00

時の鐘("福呂屋”店頭) 月曜休み 10:00-16:00

松本醤油商店(店頭) 休みなし 9:00-18:00

鴉山稲荷神社/烏山神社(社殿) 10:00-16:00

大正浪漫夢通り("大正館"店頭) 休みなし 9:00-18:00

 

【ノベルティの引き換えについて】 

小江戸川越観光協会(川越市元町1-15-8) 10:00-16:00

仲町観光案内所(川越市仲町2-3) 10:00-18:00

川越市産業観光館 小江戸蔵里(川越市新富町1-10-1・事務室)10:00-18:00

(係りの人に台紙を見せてください。一人1枚・なくなり次第終了となります。)

 

 

※スタンプ押印可能な曜日や時間帯については、ご協力いただく店舗・施設の事情により

予告なく変更になる可能性がありますのでご了承ください。

※平日でも市内が混み合っていることが予想されます。交通ルールには十分ご留意ください。

※熱中症対策はしっかりとこころがけ、十分な休憩をとりながらお楽しみください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダウンロード
活版印刷体験-パンフレット.pdf
PDFファイル 4.9 MB

※イベント参加用途以外の使用、無断転載はご遠慮ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ほしおさなえ先生の本

『活版印刷三日月堂 雲の日記帳』

 ポプラ社文庫(2018.8.5発売)

 ※シリーズ1〜3は既刊

 

『菓子屋横丁月光荘 歌う家』

 角川春樹事務所(2018.8.9発売)

 

 

 

 

こんなスタンプを用意しました!


講演&ワークショップ

「文字のこと、本のこと。」

 

さまざまな情報発信が行われ、便利になっている時代だからこそ、文字のことや本の感触、そしてそこから生まれるもの・ことについて伝えたい。

本や文字の専門家の方々3名の講演、そして文字のワークショップをお楽しみください。

 

【開催日時】

  2018年8月17日(金)

 

 

  ●ワークショップ 12:00-16:00

 "活字をひろって、印刷機で印刷してみよう”

  五十音の中から載せたい文字を選んで、組んでみましょう。コースターに印刷できます。

 

    "写真植字ってなあに?”(実演・解説)

  写真植字(写植)とは、ガラス製の文字板に光をあて、専用の紙に文字を焼き付ける方法です。

    パソコンが普及するまでは印刷用の文字として使われていました。

  

 

  ●講演  

  13:00-13:50

「活字書体をつくるひと」今田欣一氏

  14:00-14:50

「本をつくるひと」小泉弘氏

  15:00-15:50

「本を書くひと」ほしおさなえ氏

 

【会場】

  ウエスタ川越 多目的ホールA/B

 

【参加費】

  無料

 

※活版印刷機や写植機に触れる時は、十分にご注意ください。また活字には鉛が含まれます。触った後はよく手を洗ってください。

※講演中はお静かにお願いいたします。

 

 

活字と活版印刷機 

 

写植機 SPICA-AH

講師紹介


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2018.6.23

特別講演 「まちを知ること 〜住むひとが考える”川越”〜」

川越で活躍する方々を講師にお招きし、各々の立場から見る川越という地域の現状や課題、そして未来への可能性について、トークセッション、講演のスタイルで開催します。

また、川越氷川神社・本殿をめぐり、神職の方にお話を伺う時間も設けました。

※今回は特定の大学のゼミ生への公開となります。一般受付はありません。

プログラム

13:00       挨拶  

          學のまち kawagoe 実行委員会 委員長 舟橋一浩

 

13:1014:00  「老舗商店が見る、今後の川越について」

                             松本醤油商店(松本勇一氏  

                               呉服笠間(笠間美寛氏)

                               ばんこどう(岡野一明氏)

 

14:0514:55  「川越の景観と建築について」 

                               蔵の会(荒牧澄多氏)

 

15:0015:45    川越氷川神社 ご案内(境内)

 

15:5016:40   NPO 法人の活動とまちづくり」

                               NPO法人プレイグラウンド 舟橋一浩

 

16:4017:30     「神社と街について/祭りの役割」

          川越氷川神社 宮司 山田禎久氏 

 

17:35                 閉会

 

 


開催概要

2018年6月23日(土)13:00-17:00

 

氷川会館

350-0062

埼玉県川越市宮下町2-11

TEL:049-222-8417

 

Email: manabinomachi.kawagoe@gmail.com

 



2018.2.16

ほしおさなえ先生「活版印刷 三日月堂 庭のアルバム」発売記念

トークショー&サイン会

累計15万部突破。言葉の温かみに優しい涙があふれる、川越が舞台の小説「活版印刷三日月堂」。作者のほしおさなえ先生を川越スカラ座へお招きし、川越スカラ座支配人・舟橋一浩と、株式会社櫻井印刷所(kawagoe premium)・櫻井理恵が小説のこと、川越のことなど、ほしお先生にお話を伺います。活版印刷ノベルティ付き。

 

プログラム

刊行記念トーク「活版印刷三日月堂と川越のまち」

 

お話  ほしおさなえ(作家/活版印刷三日月堂 作者)

聞き手 櫻井理恵(株式会社櫻井印刷所 代表)

司会  舟橋一浩(川越スカラ座 支配人)

 

サイン会・書籍販売あり


開催概要

2018年2月16日(金)18:30-19:30

チケット 1,000円(前売)

※終了しました

 

 

川越スカラ座

350-0062

埼玉県川越市元町1-1-1

 

Email: manabinomachi.kawagoe@gmail.com


 

協賛

 

蓮馨寺 喜多院 川越氷川神社 料亭山屋 

有限会社川越ホーム 松本醤油商店 株式会社80%  

陶舗やまわ 角屋酒店 吉田兼受堂 バンコドウ

KOEDO LOUNGE by Market TERRACE   彩乃菓

株式会社シンワ・スポーツ・サービス

Daily Stand Copoli   COEDO BREWERY 呉服笠間

株式会社フカワビジネス 株式会社櫻井印刷所

 

 

後援

 

川越市役所 小江戸川越観光協会 川越商工会議所

川越市施設管理公社 株式会社まちづくり川越

 

(順不同・敬称略)

 

 

多大なるご支援をありがとうございました。